CSS

Flexbox学ぶなら、学習サイト「Flexbox Froggy」が超おすすめ!

CSS

 

今回はFlexboxを学ぶための学習サイト「Flexbox Froggy」について紹介したいと思います。

「Flexbox Froggy」はめちゃ簡単に、そして楽しく学ぶことができるので、Flexbox初心者の方におすすめの学習サイトです。

↓Flexbox Froggyはこちらから

Flexbox Froggyとは

flexbox froggy

「Flexbox Froggy」とは、CSSのFlexboxプロパティを学ぶための学習サイトです。

会員登録も不要で1時間程でできることから、初心者におすすめの学習ツールです。

遊び方

遊び方は簡単で、Flexboxプロパティを使ってカエルを同じ色の葉っぱに動かすだけです。

それでは実際にやってみましょう。

最初は下のような画面になっています。

flexbox froggy

 

今回はカエルを右端に動かしたいので、「justify-content: flex-end;」を記述します。

flexbox froggy

するとカエルが右に動き、葉っぱの中に収まりましたね。

以上が「Flexbox Froggy」の遊び方です。

よし
よし
めちゃ簡単だね!

Flexbox Froggyをやってみた

実際に僕もこの「Flexbox Froggy」をやってみたので、問題をいくつか紹介したいと思います。

↓Flexbox Froggyはこちらから

レベル3

Flexbox Froggy

このカエルを等間隔で並べるため、以下のように「justify-content: space-around;」を追記しましょう。

Flexbox Froggy

レベル11

Flexbox Froggy

まずはカエルを縦に並べるために、「flex-direction: column;」を記述します。

Flexbox Froggy

あとは、カエル達を下に移動するだけなので「justify-content: flex-end」を追記します。

Flexbox Froggy

flexの方向がcolumnのとき、justify-contentは垂直方向の、align-itemsは水平方向の並び方を変えるようになることに注意しましょう。

 

レベル13

Flexbox Froggy

まずはカエルの色を並び替えるため、「flex-direction: row-reverse;」を記述します。

Flexbox Froggy

続いてカエル達を中央寄せにするため、「justify-content: center;」を追記します。

Flexbox Froggy

最後にカエル達を下に動かせばいいので、「align-items: flex-end;」を記述します。

Flexbox Froggy

 

 

今回はFlexboxを学ぶための学習サイト「Flexbox Froggy」について紹介しました。

楽しく学習できて、かつFlexboxの使い方や知識も増えるので、Flexboxが分からない方はぜひやってみてください。

↓Flexbox基礎はこちら

CSS
【CSS基礎】Flexboxを使って要素を簡単に横並びにする方法!Flexboxを使って、要素を簡単に横並びにする方法を紹介しています。display: flex;やjustify-contentの書き方も、初心者向けに簡単に解説しているので、この機会にFlexboxの使い方をマスター敷いてくださいね。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です