Rails

【Rails】RuboCop1.23でOpenStructの使用を監視するCopが追加された話

Rails

 

今回はRuboCop1.23からOpenStructの使用を監視するCopが追加されたことについて簡単にまとめたいと思います。Ruby3.0でOpenStructの使用が非推奨になったため、RuboCopがその方針に則った形になります。

OpenStructとは

OpenStructとは、要素を動的に追加・削除ができるクラスです。

要素を動的に追加・削除できる手軽な構造体を提供するクラスです。
OpenStruct のインスタンスに対して未定義なメソッド x= を呼ぶと、 OpenStruct クラスの BasicObject#method_missing で捕捉され、そのインスタンスにインスタンスメソッド x, x= が定義されます。この挙動によって要素を動的に変更できる構造体として働きます。

参照: class OpenStruct

 

使用例としては以下のようになります。

まずは以下のように構造体を作成し、その構造体に要素を追加していきます。

require 'ostruct'

# 構造体(OpenStruct)を作成
user = OpenStruct.new

# 作成した構造体に要素を追加
user.name = "田中太郎"
user.height = 180
user.weight = 65
user.age = 25

 

ここで試しにuserを出力させてみると、以下のようなオブジェクトが生成されていることが分かります。先ほど追加した要素がオブジェクト内に格納されていますね。

p user
=> #<OpenStruct name="田中太郎", height=180, weight=65, age=25>

 

追加した要素はメソッドチェーンすることでアクセスできます。

p user.name
=> "田中太郎"

p user.height
=> 180

p user.weight
=> 65

p user.age
=> 25

 

初期化時にはハッシュを渡すこともできます。

require 'ostruct'

# 初期化時にハッシュを渡す
user = OpenStruct.new({ :name => "山田花子", :age => 20 })

# 要素を取り出す
user.name
=> "山田花子"

user.age
=> 20

Ruby3.0で警告対象になった

OpenStruct caveats

 

OpenStructにはパフォーマンス面、バージョンの脆弱性、潜在的なセキュリティ問題を秘めていることから、Ruby3.0からOpenStructの使用は警告対象になりました。

ちなみにですが、Ruby3.0ドキュメント(OpenStruct)の最後にはOpenStructを使用しないでくださいと強く書かれています。

For all these reasons, consider not using OpenStruct at all.

参照: class OpenStruct Caveats

RuboCop1.23での対応

OpenStructのCop
RuboCop1.23は2021/11/15にリリースされました。

 

2021/11/15にリリースされたRuboCop1.23では、OpenStructの使用を監視するCopが追加されました。既にOpenStructを使用しているプロジェクトでは、以下のように修正対応する必要があります。

# bad
point = OpenStruct.new(x: 0, y: 1)

# good
Point = Struct.new(:x, :y)
point = Point.new(0, 1)

# also good
point = { x: 0, y: 1 }

# bad
test_double = OpenStruct.new(a: 'b')

# good (assumes test using rspec-mocks)
test_double = double
allow(test_double).to receive(:a).and_return('b')

 

すぐの修正対応が困難の場合は、一旦disableするでも良いと思います。

OpenStruct.new(x: 0, y: 1) # rubocop:disable Style/OpenStructUse

まとめ

  • OpenStructとは、要素を動的に追加・削除ができるクラス
  • OpenStructの初期化時にはハッシュを渡すこともできる
  • Ruby3.0からOpenStructの使用は警告対象になった
  • RuboCop1.23ではOpenStructの使用を監視するCopが追加された

参考

 

 

今回はRuboCop1.23からOpenStructの使用を監視するCopが追加されたことについて簡単にまとめました。OpenStructを使用している箇所があれば見直してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です