Rails

【初心者向け】プログラミング学習の頻出ワード「API」について簡単にまとめてみた

Rails

 

今回はプログラミング学習で頻出するワード「API」について簡単に解説したいと思います。APIと聞くと難しいイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、世の中にはAPIを使用したサービスばかりです。この機会にAPIとはどういったものなのか理解しておきましょう。

APIとは

APIとは「Application Programming Interface」の頭文字を取ったもので、アプリケーションの一部を切り取り、外部に向けて公開されたものを表します。

APIとはソフトウェアやアプリケーションなどの一部を外部に向けて公開することにより、第三者が開発したソフトウェアと機能を共有できるようにしてくれるものです。

参考: 今さら聞けないIT用語:やたらと耳にするけど「API」って何?

 

簡単に言うと、「誰でもサービスが使えるように、サービスを提供する事業者がユーザー向けに一般公開したもの」といったニュアンスでしょうか。

例を見ていきましょう。

地図をサイト上に表示し、経路案内などを行ってくれるアプリケーションを作成したい人がいるとします。しかし、残念ながら地図の実装方法が分かりません。そんな時に、GoogleさんがGoogle Mapを無料で貸し出し、かつ自由に使わせてくれるということを小耳にはさみました。彼はこのGoogle Mapを借り、自身のアプリケーションに組み込むことができました。

ここで登場したGoogle MapがAPIです。

APIとは

APIを使用するメリット

APIを使用するメリットを挙げると、主には以下の3つになります。

  • 開発時間やコスト削減が可能
  • セキュリティの向上
  • 複数の環境に対応

開発時間やコスト削減が可能

APIはとある機能を切り出し一般公開されたものであるため、自分で実装する必要性がありません。そのため、その機能開発にかかる時間やコストを削減することができます。

例えば、特定の画像のみを切り出したアルバムアプリケーションを作成したいと仮定します。その場合、特定の画像を切り出す機能を実装しなければなりませんが、画像認識APIを使用することにより、そういった切り出し機能の実装が不要になります。

画像認識APIはこちら
↓ ↓ ↓

セキュリティの向上

自身でアプリケーションを作成しようとした場合、セキュリティ面も考慮しなければなりません。顧客情報やクレジットカード情報といった機密情報を外部に漏らしてしまうと大惨事になってしまいます。

しかし外部の大手企業が開発したAPIを使用することで、企業が実装したセキュリティ対策がすでにその機能に組み込まれていることになります。そのため、自身でセキュリティ対策をするよりかは安全に使用できるということになります。

複数の環境に対応

PC環境であればWindowsとMac、モバイル環境ではiOSとAndroidの2つがありますが、自身でアプリケーションを作成する場合には、こういったユーザーの利用環境を考慮して実装しなければなりません。

しかしAPIはマルチなユーザーを考慮して設計されているため、こういった心配をすることなく機能実装を行うことができます。

有名なAPI(個人的主観)

では最後に個人でも使える有名なAPIについて見ていきましょう。

  1. Google Maps javaScript API
  2. Google YouTube Data API
  3. Twitter API
  4. Facebook Graph API
  5. Instagram Graph API
  6. LINE Messaging API
  7. Stripe
  8. PAYJP
  9. Qiita API
  10. Discord API
  • Google Maps javaScript API
    Google Mapをサイト上で表示させることができるAPI
  • Google YouTube Data API
    YouTube上から動画データを取得することができるAPI
  • Twitter API
    Twitterの操作をサイト上から行うことができるAPI
  • Facebook Graph API
    Facebookの操作をサイト上から行うことができるAPI
  • Instagram Graph API
    Instagramの操作をサイト上から行うことができるAPI
  • LINE Messaging API
    LINE botやメッセージの自動送信などができるコミュニケーションAPI
  • Stripe
    決済処理を代行してくれるAPI
  • PAYJP
    Stripe同様、決済処理を代行してくれるAPI
  • Qiita API
    Qiitaの操作をサイト上から行うことができるAPI
  • Discord API
    音声Bot作成のAPI(Discordはゲーマー向け音声ツール)
全てのAPIを挙げるとキリがないので、個人的主観で10個厳選しました。

まとめ

  • APIとは「Application Programming Interface」の頭文字を取ったもの
  • APIとは、アプリケーションの一部を切り取り、外部に向けて公開されたもの
  • APIを使用するメリットとしては、「開発時間やコスト削減が可能」「セキュリティの向上」「複数の環境に対応」などが挙げられる

参考

 

 

今回はプログラミング学習で頻出するワード「API」について解説しました。1から実装するとかなり難しい機能もAPIを用いることで手軽に実装することができます。ぜひ理解を深めて、自分でも実装できるようにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です