Git

【Git初心者向け】fork(フォーク)からプルリクエストを送るまでの手順をサクッと解説

Github

 

今回は、リモートリポジトリをfork(フォーク)して開発を進める際の手順を解説したいと思います。forkする以外の方法としてはclone(クローン)がありますが、cloneする作業はforkの手順に組み込まれているので、forkさえマスターしてしまえば簡単に理解できます。

forkとcloneを場面によって使い分けてね。

forkの流れ

forkで開発を進めるには、どのような手順を踏まなければならないのでしょうか。

以下がforkでの開発を簡単にまとめた図になります。

fork

 

ご覧の通りforkでの開発は、

  1. fork
  2. clone
  3. develop(コミット&プッシュ)
  4. プルリクエスト

のような流れを辿らなければなりません。

リモートリポジトリAが開発したい大元のリポジトリになります。

 

forkとcloneの違いが曖昧な方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Github
【Git初心者向け】CloneとFork、チーム開発する際にはどっちを使うべき?共同開発(チーム開発)をする際、リポジトリをcloneして進めるべきなのか?forkして進めるべきなのか?について解説しています。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、開発を進めていきましょう。...

forkからプルリクエストを送るまで

では実際にリモートリポジトリをforkしてからプルリクエストを送るまでの流れを追っていきましょう。今回はsampleという名前の練習用リモートリポジトリをforkしていきます。

sampleをfork

 

まずはforkしたいアプリケーション(今回の場合はsample)のGithubページに進み、forkボタンを押します。

forkボタンをクリック

 

すると、以下のようなモーダルが表示されます。forkしたいアカウントを選択し、次に進みましょう。

モーダルの表示

 

しばらくすると、forkが完了します。

forkの完了

 

続いて、forkしたリポジトリを自身のローカルにcloneしなければなりません。「code」ボタンをクリックし、cloneするためのURLをコピーしましょう。

cloneのURLのコピー

 

その後、ターミナルで以下のコマンドを入力します。

% git clone コピーしたURL

 

これで自身のローカル環境にsampleという名前のアプリケーションがcloneできたことになります。コードを編集し、コミット&プッシュしてみましょう。

% git add .
% git commit -m 'edit sample.rb'
% git push origin master

 

すると、Github上に「Pull request」が表示されたと思います。

Pull requestが表示される

 

後はいつも通り、プルリクエストを送るための手順を実施します。

プルリクエストを送る プルリクエストを送る

 

これで大元のリポジトリを管理している人にプルリクエストが送られたことになります。プルリクエストが承認されると、マージができるようになります。

プルリクエストの送信

手順まとめ

改めてforkの流れを簡潔にまとめると、以下のような流れになります。

  1. 大元のリポジトリからforkをクリック
  2. 自身のローカルにclone
  3. コードを編集し、コミット&プッシュ
  4. プルリクエスト作成

 

 

今回はリモートリポジトリをforkして開発を進める際の手順を解説しました。共同開発(チーム開発)をしていく上で、必須の知識になるのでぜひ覚えておきましょう。

流れとしてはそこまで難しくないね。