Rails

【Rails6】Webpackerを用いてjQueryをインストールする手順を簡単にまとめてみた

Rails

 

今回はRails6.0系でjQueryを導入する手順を簡単に解説したいと思います。Rails5系まではアセットパイプラインを使用してJavaScriptを管理していましたが、Rails6.0系以降はWebpackerと呼ばれる機能で管理することになっています。

それぞれの機能やコマンドは解説せず、今回は導入手順のみ解説しています。

導入手順

yarnでjQueryを導入

% yarn add jquery

environment.jsの編集

// config/webpack/environment.js
const { environment } = require('@rails/webpacker')

// ↓ 追記部分
const webpack = require('webpack')
environment.plugins.prepend('Provide',
    new webpack.ProvidePlugin({
        $: 'jquery/src/jquery',
        jQuery: 'jquery/src/jquery'
    })
)
// ↑ ここまで

module.exports = environment

application.jsの編集

// app/javascript/packs/application.js

require("@rails/ujs").start()
require("turbolinks").start()
require("@rails/activestorage").start()
require("channels")

// ↓ 追記
require('jquery')

ファイルの作成

ここまででjQueryの導入が完了しました。

続いてはjQueryを書き込みたいファイルをjavascript以下に作成しましょう。

test.jsの作成
今回は「test.js」という名前のファイルを作成しています。

ファイルの読み込み

先ほど作成したファイル(test.js)が読み込まれるよう「application.js」に「require(‘test.js’)」の記述を追記しましょう。

// app/javascript/packs/application.js

require("@rails/ujs").start()
require("turbolinks").start()
require("@rails/activestorage").start()
require("channels")
require('jquery')

// 以下の1行を追記
require('test.js')

挙動確認

では、実際にjQueryが読み込まれるか確認してみましょう。

「test.js」に以下の記述を入れてみて、エラーが出ず「OK」の文字が表示されれば成功です。

// app/javascript/test.js

$(function() {
  console.log("OK");
});
jQueryが読み込まれた

参考記事

Introducing jQuery in Rails 6 Using Webpacker:
https://www.botreetechnologies.com/blog/introducing-jquery-in-rails-6-using-webpacker

 

 

今回はRails6.0系でjQueryを導入する手順を解説しました。慣れてしまえば3分もかからずにできてしまうので、ぜひチャレンジしてみてください。アセットパイプラインでの管理よりも便利になったWebpacker、ぜひ使いこなしたいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です