Rails

【Rails】letter_opener_webを用いて開発環境で送信したメールを確認する方法

Rails

 

今回はletter_opener_webを用いて開発環境で送信したメールを確認する方法についてまとめたいと思います。DeviseやAction Mailerでメール送信機能を実装した際、メールが正常に送られたのかを確認する必要がありますが、letter_opener_webは最小限のセットアップで使用することができます。

letter_opener_webとは

letter_opener_web

 

letter_opener_webとは、開発環境で送信したメールをブラウザで確認することができるgemです。ローカル環境で確認することができるため、メール送受信機能を実装した際には必須のgemとなっています。

letter_opener_webのセットアップ

letter_opener_webのセットアップ手順をまとめると以下のようになります。

  1. gemの追加
  2. Routingの追加
  3. config/environments/development.rbの編集

1. gemの追加

group :development do
  gem 'letter_opener_web'
end
% bundle install
ローカル環境でのみ使用するため、development環境に追加しましょう。

2. Routingの追加

Rails.application.routes.draw do
  mount LetterOpenerWeb::Engine, at: "/letter_opener" if Rails.env.development?
  # 省略
end

3. config/environments/development.rbの編集

Rails.application.configure do
  # 省略
  config.action_mailer.delivery_method = :letter_opener_web
end

 

たったこれだけの作業でブラウザ上でメールを確認することができるようになりました。

試しにサーバーを立ち上げ、http://localhost:3000/letter_openerにアクセスしてみてください。以下のような画面が表示されれば成功です。

ここに送信されたメールが表示されていく形になります。

letter_opener_web

まとめ

  • letter_opener_webとは、開発環境で送信したメールをブラウザで確認することができるgem
  • letter_opener_webはローカル環境でのみ使用するため、development環境に追加する

参考

letter_opener_web

 

 

今回はletter_opener_webを用いて開発環境で送信したメールを確認する方法についてまとめました。他にも様々な方法でメールを確認する方法はあるようですが、個人的にはletter_opener_webが一番簡単かなと思います。メール送受信機能を実装した際はぜひ導入してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です