Rails

【Rails】accept_nested_attributes_forのエラーメッセージを日本語化する方法

Rails

 

今回はaccept_nested_attributes_forのエラーメッセージを日本語化する方法についてまとめたいと思います。ja.ymlの記述が一般モデルの日本語化の方法とは少し異なっていたので、自分の備忘録としても残しておきます。

accept_nested_attributes_forはRails生みの親DHHが消したいと言っているメソッドのため、デメリットを把握し、今後の保守運用を見据えて使用するかどうかを検討しましょう。

accepts_nested_attributes_forの日本語化

前提

以下のようなaccept_nested_attributes_forを用いた親子孫関係があるとします。

class Parent < ApplicationRecord
  has_many :children
  accepts_nested_attributes_for :children
end
class Child < ApplicationRecord
  belongs_to :parent
  has_many :grand_children
  accept_nested_attributes_for :grand_children
end
class GrandChild < ApplicationRecord
  belongs_to :child
end

 

ER図
すべてのテーブルはnameカラムを持っているとします。

日本語化の手順

日本語化の手順はいたって簡単ですが、ja.ymlで親子孫関係は/(スラッシュ)で区切らなければならないという点だけ注意してください。

# config/application.rbに以下を追記

config.i18n.default_locale = :ja
# config/locals/ja.ymlに以下の記述を追記

ja:
 activerecord:
   attributes:
     parent:
       name: '親の名前'
     parent/children:
       name: '子の名前'
     parent/children/grand_children:
       name: '孫の名前'

 

ja.ymlを以下のように記載しても日本語化されないので注意してください。

ja:
 activerecord:
   attributes:
     parent:
       name: '親の名前'
     children:
       name: '子の名前'
     grand_children:
       name: '孫の名前'

日本語化の手順まとめ

  • config/application.rbに日本語設定を追記
  • ja.ymlで日本語化したいカラム名を記載(親子孫関係は/スラッシュで区切る)

参考

accepts_nested_attributes_forしたときのi18n

 

 

今回はaccept_nested_attributes_forのエラーメッセージを日本語化する方法についてまとめました。accept_nested_attributes_forは非推奨メソッドですが、使用した際の参考になればと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です