Git

【Git】他のメンバーがプッシュしたブランチをローカルで動かしたい場合の手順

Github

 

今回は他のメンバーがプッシュしたブランチをローカルで動かしたい場合の手順についてまとめたいと思います。すぐに終わる内容ですが、自身の備忘録として残しておきます。

リモートブランチをローカルで動かすための手順

  1. 「% git fetch origin <ブランチ名>」でリモート追跡ブランチを作成
  2. 「% git checkout <ブランチ名>」でリモート追跡ブランチにチェックアウト

リモートブランチをローカルで動かす方法

上記の手順について詳しく見ていきます。

メンバーがプッシュしたブランチ(リモートブランチ)を自身のローカル環境で動かすためには、まずはリモート追跡ブランチを作成しなければなりません。

リモート追跡ブランチを作成するコマンドは以下になります。

% git fetch origin <ブランチ名>

例),
% git fetch origin testBranch
From https://github.com/account/repository
 * [new branch]      testBranch -> origin/testBranch
引数を指定せずに、git fetchを実行することで全てのリモートブランチに対するリモート追跡ブランチを一括で作成および更新(フェッチ)することができます。

 

リモート追跡ブランチの作成が成功したかどうか「% git branch -r」コマンドで確認しましょう。

% git branch -r
remotes/origin/HEAD -> origin/develop
origin/testBranch

 

リモート追跡ブランチが作成されたことで、自身のローカル環境からそのリモート追跡ブランチにチェックアウトできるようになります。

% git checkout testBranch
Branch 'testBranch' set up to track remote branch 'testBranch' from 'origin'.
Switched to a new branch 'testBranch'

参考

 

 

今回は他のメンバーがプッシュしたブランチをローカルで動かしたい場合の手順について紹介しました。複数人での開発の場合、こういった状況が多々起きると思いますので参考になればと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です