Rails

【Railsエラー】Webpackerに関するエラーが出た時の解決方法を簡単に解説

Rails

 

今回はサーバー起動時(rails s)に、Webpackerのエラーが起こった時の対処方法について解説したいと思います。基本的にはWebpackerがインストールされていないことによるエラーなので、焦らず以下の手順で解決していきましょう。

エラー内容

以下のように新規アプリケーション(今回はsearch-productというアプリケーション)を立ち上げました。

$ rails new search-product -d mysql

 

その後データベースを作成し、マイグレートも行いました。

$ rails db:create
$ rails db:migrate

 

しかし「rails s」コマンドでサーバーを立ち上げようとすると、以下のようなエラーが表示されてしまいます。

/Users/〇〇〇〇/.rbenv/versions/2.5.1/lib/ruby/gems/2.5.0/gems/webpacker-4.2.2/lib/webpacker/configuration.rb:95:in `rescue in load': 
Webpacker configuration file not found /Users/〇〇〇〇/projects/search-product/config/webpacker.yml. 

Please run rails webpacker:install Error: No such file or directory @ rb_sysopen - /Users/〇〇〇〇/projects/search-product/config/webpacker.yml (RuntimeError)
「Webpackerに関する構成ファイルが見つかりません」と書かれているね。

Webpackerとは、Ruby on Railsで用いるWebpackを使うためのgemパッケージです。

Webpackを用いることで、フロントエンド開発(CSSやJavaScript、画像など)をスマートに行うことができます。

また、Webpackはnode.jsのモジュールの1つです。

エラー原因

Rails6.0以上ではWebpackが標準装備されているため、Webpackerやnode.jsがインストールされていないことが原因です。

そこで、このエラーが出た場合はWebpackerとnode.jsをインストールしましょう。

エラー文の最後にも、「Webpackerをインストールしてください」と書かれているね。

解決方法

それでは実際に解決していきましょう。

まずはnode.jsをインストールするためのコマンドを入力します。

$ brew install yarn

 

続いて、Webpackerをインストールします。

$ rails webpacker:install

 

これで解決です、一瞬で終わりましたね。

まとめ

  • Webpackerとは、Webpackを使うためのgemパッケージ
  • Rails6.0以降でアプリケーションを作成すると、Webpackが標準装備されている
  • Webpackerに関するエラーが出た場合は、node.jsとWebpackerをインストールする

 

 

今回は、Webpackerに関するエラーが起こった時の対処方法について解説しました。見たことがないエラーが出ると混乱しがちですが、よくエラー文を読むことで解決できるので、焦らず対処していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です